当たるんです!を当てるんデス!

高確率ロトくじ「当たるんです!」は本当に当たるのか考察して、当てるんデス!

不動産屋さんは何をしてくれる?不動産売買仲介手数料について考えてみる 

中古物件を購入しようと思った場合、不動産屋さんにお願いするわけですが、不動産屋さんによって何か違いがあるのか、どんなことをやってくれるのか、疑問を持っていましたので、考えてみました。

 

不動産仲介業者さんがやってくれること。

・物件を探してくれる、物件情報をくれる。

・物件のアドバイスをくれる。

・物件価格や契約内容の交渉・確認をしてくれる。

・アフターフォロー?

 

上記のことをやってもらうために、物件購入時に仲介手数料がかかります。

 

手数料 物件価格の3%+6万円(消費税別)

 

当然、物件価格が大きくなれば手数料は高くなります。

仮に5,000万円の場合、156万円(消費税別)になります。

 

不動産屋さんがやってくれること、その対価としてどうなのか、ということです。

 

手数料を安くしてもらう、というのはどうでしょうか。

不動産関係者いわく「それはやめたほうがいい」とのことです。

「一般客の場合、手数料の割引きは基本的にない。割引してもらうより、いい仕事をしてもらったほうがいい。物件自体の価格を下げてもらい、トータルとして安く抑えられたとするほうがいい」とのことです。

営業担当者の成績ということで考えると、これはわかります。

 

では、よい仕事をしてくれるかどうか、ということを考えてみたいと思います。

 

・物件を探してくれる。

 自分でスーモやHOMESで探すことができます。実際、私が物件を探していた時、物件情報サイトを頻繁に見ていましたが、自分のほうが不動産屋さんより情報入手は早かったです。なので、ここの手数料の価値はないのかなと思っています。

 

・物件のアドバイスをくれる

 担当者の経験と、お客様目線に立ってくれるかというところで、担当者の当たり外れがここで発生します。最初についてしまった担当者が残念な担当者だと、その不動産屋ではその後もずっとその人と付き合っていくことになります。知り合いに不動産関係者の人がいれば、当たりの人を紹介してもらうのがいいです。

期待するアドバイスとしては目に見えないところをきちんと説明してほしいということです。駅からの道のりや物件の外観、中の設備などはぱっと見わかります。