日経平均運用 簡単・楽にもうかるか!?一日10分予想不要 副業になるか検証

日経平均 運用 副業 検証

(2020.1.26更新)

簡単に副収入が得られるような方法はないだろうか

積極運用して、資産を大きく増やしたい

チャート読みや経済予測なんてせずに、楽して増やしたい

でもリスクを抑えて運用したい

 

そんなことから、日経平均でとある運用方法を見つけました。

あくまで過去のバックテストですが、驚異の運用成績です。

日経平均の約3倍のリターンでしかもリスクがかなり抑えられた運用です。

これを実践して、運用方法として確立したいと思い、運用成績と運用して気づいたことをブログに記していきます。

運用方法を考えたきっかけ

  • 副業で副収入を得たいが副業禁止
  • じっくりと銘柄選びができない
  • 短期売買する時間がない こわい
  • カンで運用してるだけで、ほんとの成果がわからない

このご時世、本業だけでは収入の安定性や将来性が不安で、収入の複線化を図りたいところです。ですが、一般企業ではまだまだ副業禁止だと思います。

 

運用であれば源泉分離課税で済み、副業に抵触しません。

 

運用というと、時間と労力をかけて大化けする株を見つけるバフェットのような投資が王道なのでしょうが、銘柄選びをする時間がないし、バフェットのような才覚はない。

なんとなく知っている企業の株を買って、なんとなく利益が出てすぐに利食い。予想と外れ損になっているけど、戻るだろうと思って、戻らず塩漬け。。。なんてことはよくあります。

 

デイトレやスキャルピングといった短期売買を繰り返し利益を積み上げ、億り人になっている方も多くいます。しかし、これも相当な勉強と精神力、仕事としてずっとパソコンにへばりつく、そんな取り組みが必要です。

 

長期投資は時間がかかりますし、銘柄の研究にも時間を費やします。短期売買を行い、複利で運用していくのががやはり効率よく短時間で大きく増やせるのではと思います。ただし、ずっとへばりついている必要がない方法じゃないと意味がないです。

 

何を根拠に売買して、どれぐらい損益がでているのか、再現性のある方法でなければ、順調に増やすことはできません。

 

投信やETFなど指数物であれば企業の一つ一つを見ずに運用ができると考え、日経平均を中心とするETFの運用にたどりつきました。

運用成績バックテスト

  • 日経平均の年間騰落率の3倍の成果
  • 日経平均が落ち込む局面でも安定した成果

※あくまで過去のバックテストなので、今後も同じようになるとは限りません。

まずは日経平均と投資対象となる楽天ETF日経レバレッジ指数(以下楽天レバ)の年始始値から年末終値の一年間の騰落率。

2015年は7月15日を起点にしています。(楽天レバの運用開始日の翌営業日)

 

日経平均 楽天レバ
2015年 -7.6% -15.81%
2016年 1.57% -1.68%
2017年 17.96% 40.81%
2018年 -13.26% -26.07%
2019年 20.36% 52.96%
合計 19.58% 50.21%

一年の初めに日経平均を購入し、年末に売却した場合はこのようになります。

 

楽天レバは日経平均の2倍の動きをするので、上がる時も下がる時も日経平均以上のブレです。厳密にはきれいに2倍にはなりません。

 

また、この5年は比較的株価が堅調だったので、普通に日経平均投資をしても勝てています。

 

以下の表は、私がみつけた運用方法による騰落率です。

日経平均 楽天レバ
2015年 11.11% 25.82%
2016年 18.85% 93.51%
2017年 15.43% 27.14%
2018年 10.35% -9.50%
2019年 3.02% 25.58%
合計 58.76% 162.56%

なんと、最初に確認した騰落率の3倍になりました。

注目すべきは、2015年と2018年です。

 

楽天レバは何もしなかった場合、2015年は-15.81%ですが、ある運用方法の騰落率は25.82%、同様に2018年は-26.07%ですが、ある運用方法の騰落率は-9.50%です。

 

つまり、下げ相場でも安定した成果が期待できるのです。

 

一方で、2017年と2019年は何もしなかった方が騰落率は良いです。

 

運用の基本は負けが少ない方が良い、と思っていますので、相場が悪い時に安定しているこの運用方法はありだと思っています。

バックテストの考察

 

この運用成績が出るのは、外国人投資家の動向がかなり影響しているのではないかと思われる。

(今後考察を増やす)

運用ルール

まだ全体像を伝えられませんが、ゆくゆくは運用方法を共有したいと思っています。

  • ルールを決めて購入する。
  • 後で検証を行う。
  • 売買できない、忘れた場合などは、結局上がるか下がるかわからないので、多少のミスは気にしない。
  • 一日の取引は2回。朝の9時寄付き前と、11時半から15時の大引けまでの間。それぞれ約5分、合わせて一日10分。(売買の時間を決め、タイマーをセットし、取引を忘れないようにする)
  • レバレッジを生かして信用取引の買建てと売建てを組み合わせる
  • 基本的にはポジションは当日もしくは翌日解消
  • 価格は成行
  • 投資対象は日経平均
  • 銘柄は楽天証券の楽天ETF日経レバレッジ指数(日経平均の約2倍の動きなので資金効率がよい)
  • 楽天レバ以外にも日経平均に連動する他のETFを組み合わせる
  • 手数料がかかる商品だと手数料負けし利益がでないので注意
  • 楽天証券のETFの中で手数料が無料のものを選定する

ルールを決めていますが、実際売買すると信用取引の手数料や、購入金額がバラバラになることなど、ルール通りいかないことがあります。

ルール通りにできない理由や気づきなどを書いていき、精度を高め、使える手法にしたいと思います。

2019年の秋から始めて20万円ほど利益を出しましたが、日経平均をチェックするのに疲れてしまいました。2020年1月から売買方法を変更し非常にシンプルな方法にしました。運用利回りが下がってしまいますが、日経平均をチェックするストレスがなくなり取引が楽になりました。

気づき

  • 買建てにするか、売建にするか、微妙なときは売建てとする➡ルールが難しくなるのでやめる
  • 信用取引の手数料をあまり気にしていなかったが、手数料についもて考える➡制度信用と一般信用では制度信用の方が手数料が安い
  • 信用取引については売建規制の関係で50口までしか取引できない。➡別の日経平均に連動するETFも組み合わせて運用
  • 上記の理由から、先物取引「日経先物ミニ」の導入を検討する➡日経平均の動きと微妙に異なりルールが複雑になるのでやめる
  • 成行の引け注文はストップ高となる可能性のある上限金額まで購入資金を置いておく必要がある➡実際の購入資金よりある程度待機資金が必要
  • 買いポジションは現在は通常取引にしているが資金効率を考えると信用取引の買建てでもよい
  • 当たり前であるが、いい時も悪い時もある。機械的に取引する
  • まずは日経平均に勝つこと。特に下げ局面でどうなるか実践で検証する
  • 簡単すぎる手法なので、大丈夫なのか不安➡日経平均が下落した時にどれぐらい効果があるか
  • リスクヘッジとして日経平均以外でも同様の動きをしているものを探す
  • 流動性が低いETFで運用し思うような価格で取引できず損失。➡流動性を確認する。
  • 信用取引は買建もできるが、貸し株料で手数料がかかるので、資金がある時は現物の方がよい

 

関連記事

 

おまけ レバレッジで一気に増やすなら高確率宝くじ

レバレッジかけて資金増やすなら宝くじです!

4,096分の1の確率で

143万円! 

1,000万円! 

1億円!

の高額当選が期待できる「当たるんです」というロトくじがあります!

当たるんですを宝くじと比較した記事です。

宝くじと比較した記事はこちら

 

当たるんですの公式HPです。

公式HPはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。