MENU

楽天証券を活用して資産を増やす!経済効果を検証!年間11万円分もお得!?

私は楽天証券を使っています。

楽天証券を活用すると無料で受けられるサービスや、楽天ポイントが貯まりるなど、たくさんのメリットがあります。

では、具体的にどんな経済効果があるのか自分の場合で検証してみました!

結果から先に言うと、私は、楽天証券と楽天市場、楽天銀行、楽天カードを使っているので、年間11万ぐらいの利益を享受していることがわかりました!

目次

日経新聞オンライン版を無料で見れる
年間5.76万円のお得!

日経新聞を通常購読すると毎月以下の購読料がかかります。

朝刊のみ 4,800円/月

朝・夕刊 5,500円/月

電子版のみ 4,277円/月

電子版を朝・夕刊にセットだと+1,000円

楽天証券を利用していたら、日経新聞オンライン版が無料で見れます。

仮に日経新聞朝刊のみとした場合、年間約5.76万円が節約できます。
その分投資に回せます(^^)

デメリット

オンライン版は少し制約があります。
読めるのは3日分まで。

基本的にはテキスト文書でグラフは見れない(PDFの新聞記事は見れる)

スマホで記事を簡単に記事を読める一方で、頭に入ってこない。
(紙面だと記事の大きさや見出しで印象に残ったり、広く目を通しやすいです)

といったところです。

節約を取るか、紙面の良さを取るかになります。

私は前者、5.76万円の節約は大きいです(^^)

楽天銀行との連携での銀行金利が高くなる!
年間3,700円お得!

楽天証券と楽天銀行を連携させるマネーブリッジというサービスがあります。

簡単に言うと、銀行に預金をしておけば、楽天証券で投信や株を購入した決済資金を、連携している楽天銀行の預金を使うことができるというものです。

話戻りますが、このマネーブリッジサービスを登録して、楽天銀行に預金を置いていると

金利
300万円以下までは0.1%(税引き前)
300万円超は0.04%(税引き前)

メガバンクの預金金利は0.002%

50倍以上のメリットがあります。

仮に500万円置いてた場合
300万円×0.1%=3,000円
200万円×0.04%=800円
計3,800円

メガバンク
500万円×0.002%=100円

38倍の差、金額では3,700円のプラスになりました(^^)

3,800円と言ってもあなどれないですよ。

ほぼノーリスクで取れるのはありがたいです。

楽天証券の取引があってもなくても楽天銀行は以下2つのメリットがあります。

⑴銀行預金額によっては、回数制限があるものの他行宛振込手数料が無料になるメリット。

メガバンクのネットバンクから他行宛3万円以上振込220~330円。

⑵楽天カード利用の引き落とし銀行を楽天銀行にすると楽天市場での買い物ポイント+0.5倍(給与、賞与、年金の受け取りあるとさらに+0.5倍)

ETFの売買手数料無料が188本!
100万円の投資あたり770円のお得!

楽天証券では売買手数料無料のETFが188本もあります。

売買なので、買いも売りも無料です。

通常、ETFは株取引と同じ手数料体系になっています。
そのため買いと売りでかかります。

仮に楽天証券で無料ではないETFで100万円購入し、100万円売却の場合。

超割コースの手数料体系だと、
買いで385円
売りで385円
計770円

770円お得になります。

ほとんどの投資信託購入手数料が無料
100万円あたり3.3万円のお得!

ほとんどの投資信託の購入手数料が無料です。

一般的に、2~3%手数料がかかります。
同じ投資信託でも、取扱金融機関によって手数料は異なります。

例えば、某銀行では、以下の投信の手数料は3.3%です。
「インベスコ 世界厳選株式オープン<為替ヘッジなし>(毎月決算型)」

仮に100万円購入した場合、3.3万円になります。
これはかなり大きいです。。。

楽天証券なら手数料0円の投信になっています。

楽天ポイントで投資ができる!
月1,000ポイント年間12,000ポイントを将来に!

楽天証券の投資商品の決済資金に楽天ポイントを使うことができます。

ただし、期間限定ポイントは使えません。

もちろん、楽天ポイントは楽天市場やコンビニなどでも使うことができます。
しかしながら、私はコンビニで無駄遣いすることが多かったので、もったいないな、といつも思ってました。

ポイント投資をして、いずれ大きな買い物や旅行の時に、ポイントを使うことにしました。
元々あってないようなポイントなので減ってもよいのでリスクをとって大きなリターン狙いです!

仮に月1000ポイントをコンビニで無駄遣いしていたとしたら、その1,000ポイントはお得に運用できたと考えることもできます!

ポイント投資をすると、楽天市場での買い物ポイントが0.5倍
月5万円楽天市場で買い物なら250ポイントゲット 年間3,000ポイント

楽天証券で3万円以上の投信購入の際に1ポイント以上ポイントを使うとその月の楽天市場での買い物が+0.5倍になります!

(国内の投信と別で、米国株取引でも1ポイント以上使うと、こちらも+0.5倍)

積立投資でもポイント利用の設定をすれば対象になります。

仮に楽天市場で5万円の買い物をすれば0.5倍なので、5万円×0.5で=250ポイントゲットです。

投信積立で楽天カード、楽天キャッシュを使うと、ポイントが貯まる
月750ポイント 年間9,000ポイントお得!

投信積立て、決済を楽天クレジットにすると購入額の1%がポイント付与されます。

金額は5万円までです。なので5万円×1%で500ポイント。

さらに楽天キャッシュからの積み立て購入でも0.5%のポイントが付きます。

こちらも金額は5万円まで。なので5万円×0.5%=250ポイント。

両方合わせて750ポイントゲットすることができます。

ただし、投信といったリスク商品を購入することになるので元本割れすることもありますので、ご注意ください。

私は極力リスクの低い投信積立にしています。

まとめ 年間119,070円分の経済効果あり!

利用の条件はあるものの、119,070円分の効果がわかりました!

結構すごい。

十分資産形成に役立ちますね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次