不動産購入前の検討で素人なりにわかってきたこと

不動産購入を真剣に考えはじめてみる。

色々な角度で検討してみたら、わかってきたことがある。

1.賃貸にするか 購入するか
子供が独立したら住み替えるつもり。15年から20年後には。
購入した場合・・・15年後に売れるのか。いくらで売れるのか。
いくらで売れるか3パターンで検証

①諸費用込みで5000万円(本体4500万円)の物件を購入 15年後に諸費用差し引き
4000万円(本体4200万円)で売却 つまり1000万円の持ち出し
1000万円÷15年=67万円/年 5.6万円/月 プラス固定資産税。プラス金利。
月でだいたい7万円ぐらい
②諸費用込みで5000万円(本体4500万円)の物件を購入 15年後に諸費用差し引き
3000万円(本体3100万円)で売却 つまり2000万円の持ち出し
2000万円÷15年=133万円/年 11万円/月 プラス固定資産税。プラス金利。
月でだいたい13万円ぐらい
③諸費用込みで5000万円(本体4500万円)の物件を購入 15年後に諸費用差し引き
2000万円で売却(本体2100万円)で売却 つまり3000万円の持ち出し
3000万円÷15年=200万円/年 16.6万円/月 プラス固定資産税。プラス金利。
月でだいたい18万円ぐらい

購入時と売却時の価格差が少ないものであれば検討の余地あり。価格差が少ないものというと中古の戸建ではなかろうか。

賃貸の場合・・・家賃は高くなっていかないか。払い捨てになるけどどう考えるか
やはり自由度は高い。失敗しても取り返しは容易。

2.マンションにするか 戸建てにするか

3.新築にするか 中古にするか

4.業者はどこにするか地場か そうではないところにするか

5.駅近にするか バス便か

6.都心にするか 郊外にするか

つまりところどうするか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。