高齢者ドライバー 運転をやめさせる方法 実践してみた 事故を起こしたら・・・お金の面も考える

後期高齢者の父がいまだに運転をしている、いわゆる高齢者ドライバーです。

第三者の立場であれば「すぐにやめさせる」べき、となりますが、当事者となると高齢者で頑固な本人にどうやったらスムーズに免許返納をしてくれるか頭を悩ませます。

もし事故を起こしてしまったら。。。

取り返しがつかないことになります。

お金の面からも考え、具体的にどのようにやめさせるか考えてみました。

やめさせる方法は「高齢ドライバーに運転をやめさせる22の方法 著者:川畑伸也」を参考にしました。

高齢者ドライバーである親の運転をやめさせたい方は、お金の面からもご参考ください!

 

運転を続けた場合のお金の面

これは高齢者に限らず、自動車を保有する、運転することで維持費がかかります。

自動車そのもの。

保険。

自動車税。

使えば交通費。ガソリン代、駐車場代、高速代。

事故を起こした場合の損害賠償。相手への慰謝料、損害賠償、治療費。

死亡事故につながった場合は莫大。

事故は高齢者の場合、発生リスクが高いと思われ、運転を続けた場合のお金の面の不安としてはこの損害賠償となります。また、損害賠償だけで済めばいいですが、高齢者の事故はニュースになることも多く、もし大きな事故となった場合、運転手の家族にも影響が波及すると想像されます。

刑務所に入る可能性。

人生最後を刑務所で過ごすことにも。

社会的地位が失墜。

高齢者交通事故の場合、本人よりも家族の責任が重くなると考える。

事故の規模によっては家族みんなに社会的な制裁がある可能性。親の事で自分に影響がないとは言いきれず自分の会社で悪い話が広まれば精神的にきつくなり転職。転職することで給料が下がる可能性。考えすぎではあるが、会社での出世に響き給料が上がらない可能性。

そもそも交通事故は高齢者でなくても起こるが、高齢者だと交通事故を起こす可能性が高いこと、起きた時に家族、特に子供世代にも影響が波及することになる。

運転をやめた場合の経済的な面

 

子供が同居しており、柔軟に親の移動に付き合えるのであればこれまでと変わらない。

車の運転よりも交通費が余計にかさむ。

代替手段

子ども世代が運転

ヘルパーさんに買い物を頼む

タクシー

バス

鉄道

ネットショッピング

公共交通機関が近くで利用できる場合は、自治体の補助、例えば自治体運営のバスの無料定期券、東京都であれば都営地下鉄のシルバーパスなどがあり、負担の軽減は図れる。

子世代と同居していない場合、足がなくなるので、公共交通機関の利用や、公共交通機関が近くにない場合タクシーの利用が考えられる。公共交通機関の場合、自治体によっては補助金がある。タクシーについてもタクシー券が配布される。

一方で運転しなくなることで、出かけることが少なくなりお金を使わなくなる。

これはガソリン代や車の維持費のほか、出かけたことで出費するであろうお金がかからなくなる。

保険や車検と自動車税といった固定費もかからなくなる。

運転をやめさせる方法

1.兄弟で話し合う

子供世代の協力が不可欠です。「父とどういう話合いをするか、運転をやめた後どうするか」といったことを兄弟で話合いをする必要があります。

普段から親の話をしている仲の良い兄弟でしたら改まる必要はないかもしれませんが、あまり仲が良くなく誰かがやってくれるだとうと思っているような兄弟もいるかと思います。うちがそうです。。。

そうすると、こういった話はかなり億劫で最初の難関になります。が、億劫な事は先送りすると悪い方向にどんどん進みますので、勇気と勢いで「えいやー」でまずは話し合いの場を作ろうと連絡する。

LINEで、「今度実家帰った時に、親の事を兄弟で話そう。父さんがまだ車運転しているようで事故でも起こしたら心配。兄弟で状況を確認して今後どうするか話そう」と、ポチっと送信します。

あとは、野となれ山となれ。

では、兄弟でどのようなことを話すか。(うちは兄弟の1人が親と同居してます)

兄弟で話すこと
  • 父の心身の状況。
    認知症は?普段の行動、発言におかしなところはないか?
  • これまでの運転の状況。
    信号、右左折、急発進、急ブレーキなど運転は大丈夫か?
  • 車を運転している理由を確認。
    買い物?病院?気晴らしのドライブ?
  • これまで運転をやめるように話したか?
    話していたらその時の反応は?様子は?
  • 運転をやめた場合、誰が何を負担するか。
    普段の買い物にどれぐらいの頻度で誰が行くか?ネット購入では対応できないか?
    病院だったら通院の頻度は?
    気晴らしにドライブに行くか?
    他に気晴らしになるような趣味や運動、デイサービスの活用はないか?
  • 上記を考えると週に一回以上は車の運転は必要となる。
    離れて暮らす兄弟も週一、月一くらい顔出しする?
  • タクシーなど交通費がかさんできた時に子供世代から経済的支援をするのか?
    するなら兄弟間でどのような配分にするのか?

といったことを話合いができると、運転に限らず、今後認知症などになった時にも兄弟の協力体制ができると思います。

自然と普段から兄弟で話せていればいいのかもしれませんが、前述したように誰かがやってくれる、とか嫌なことからは目をそむけたくなるという気持ちもありますので、精神的労力は必要ですが、ちゃんと話し合いをもつべきです。

2.父と話す

兄弟間で方向性の確認ができたら父と話をします。

説得ではなく、納得して、免許の自主返納に応じてもらいたいと思っています。

そして終始こちらは穏やかに、感情的にならないように話をします。

頑固でへそを曲げると理解してもらうのに時間がかかる父なのでストレートに運転をやめてと言わずに、徐々に運転をやめてほしいという方向に話を持っていくようにします。

父と話すこと
  • 生活上、健康上の困り事がないか聞いてみる。
  • 高齢なので心配をしている旨を伝える。
  • 買い物したり、ドライブしたり車の運転はどうしているか聞いてみる。
  • 運転は事故ると自分自身のケガ、相手のケガ、物損などにつながり大事になるので心配している旨を伝える。
  • ニュースで高齢者の交通事故を見るたびに心配している旨を伝える。
  • 高齢者の交通事故の顛末を伝えイメージを持ってもらう。
    自分自身のケガによる入院。
    相手にケガ、最悪死亡させた場合の懲罰、損害賠償、刑務所への収監、社会的地位の失墜、家族への影響。
  • 父にそうなってほしくないので、免許証を自主返納してほしいと伝える。
  • 買い物などこれまで運転してきたことは、家族で協力していくことや公共交通機関を使ってカバーしていくことを説明する。
  • すぐに決めなくていいので、3ヶ月ほど免許返納を考えておいてほしい、と伝える

これで自主返納に応じてくれれば大成功です。

たぶん、すぐに「わかった、免許返納する」とはならないと思います。

誰だって急にこれまでしていたことをやめてくれって言って、すぐにやめられることはないと思います。

なので、最後の時間的猶予を与え、自分で考えてもらいます。

子供が心配しているという話をしていれば、「そろそろやめたほうがいいかな」と、頭の片隅で思ってもらえれば、次に会って話をするときにはスムーズに進む可能性が高いと思います。

 

それでも、自主返納に応じてくれない場合

認知症検査を受けてもらうように、話をします。

免許返納しないのであれば、子供としては心配なので、認知症検査を受けてほしい

と懇願します。

 

認知症となったら、免許は返納。

認知症とならなかったら、、、、

喜ばしいことなのですが、運転をやめてもらうという一点においてこれはなかなか困りますね。

できれば、認知症の診断をしてくれるお医者さんと事前に話をして、認知症でなくても医師から運転を控えたほうがいいと言ってもらえればいいのですが。。。難しいかな。

 

「」

認知症じゃなくてほっとしたよ。自分で判断できる間に運転をやめてくれないかな。ボケて話ができなくなって免許を無理やり取上げたり、事故ったりしてほしくない

とやはり最後は懇願する。

 

それでも返納に応じてくれない場合

家族内で話し合って強制禁止

カギを隠す

 

これはガチギレする可能性があるのでやりたくはありませんが。。。

 

外で運転をして、事故って他人に迷惑をかえ、社会的地位、経済損失を取るのか、

家の中で不機嫌な親とずっと過ごすのか。

 

このあたりも話をして、納得してもらうのが一番よいと思います。

運転をやめる・免許の自主返納をすると言ってくれたその後

返納を決めてくれたら
  • 免許の返納する日を決める。
  • 所轄の警察署で返納手続きとなるので必ず同行して手続きをする。
  • 車のカギを遠ざける。
  • 車の運転ができなくなってストレスもあるだろうから、連絡する頻度を増やし、コミュニケーションを取る。
  • たまには、ドライブに一緒に行って気晴らしをする。
  • 買い物は一週間に一度、車を出して一緒に行く。
  • もしくはネットショッピングで済ます

と、家族でそれぞれ役割を決めてサポートしていくことが望ましいです。

私自身はこれまで親へ連絡してませんでしたが、これを機に親と話す機会が増えると前向きに考えます。

 

参考にした本

高齢ドライバーに運転をやめさせる22の方法 著者:川畑伸也