マイル旅行 ユナイテッド航空マイレージプラン ANA便で行く福岡 必要マイル数とメリットデメリット

もともとANAのマイルを貯めていたが、還元率が悪くなり、思考錯誤検討してたどり着いたのが、ユナイテッド航空のマイレージプラン。

今回、結構たまったので、家族で利用。

その際、使ってみてわかったことを書いていく。

マイルの達人はたくさんいるので詳しくは別のブログで。

こちらでは素人が単純に使ってみてわかったことを書いていく。

・還元率

もっとも重要と思う還元率。

ANAマイレージは頑張って100円につき1.35マイル程度。

クレジットのグレードを上げたら1.5マイル。ただし、年会費が8万円超え・・・。

ユナイテッドはセゾンブランドで、mileage Plusセゾンカードで展開。

通常1000円で5マイル。100円換算0.5マイル。年会費1500円税別。

これに5000円税別を追加すると、+1000円につき10マイル。

よって、1000円で15マイル。還元率は1.5%。

6500円で1.5%還元はなかなか魅力。

しかも直接マイルで貯まるので、いったんクレジット会社のポイントがたまって変更ということはしなくてよい。

以前、三井住友ビザのANAを使っていたが、ポイント変更手数料がそれなりにかかったので、ユナイテッドの5000円追加もそんなに痛くはない。

ということでユナイテッドで貯め始める。

結構なペースで貯まる。

貯まったので、今回福岡旅行をマイルで行く。

・必要マイル数

片道5000マイル。往復10000マイル。

同じ時期のANAマイレージだと往復で15000マイルほど。

安い。

ユナイテッドだと約67万円のクレジット利用で10000マイルたまって旅行に行ける。

ANAで1.35%還元だと約111万円のクレジット利用で15000マイルたまって旅行。

だいぶ差がある。

ちなみにANAと提携しているのでANA便を使える。

さらに乗りつぎ便の方法があって、福岡行く途中に大阪で降りて遊んで、その後、福岡に行くということができる。これで5000マイル。

やっす。

・航空券取り方

ネットでとれる。

ANA便や乗り継ぎ便も選べる。

座席指定はネットではできないが、ANAの国際線の連絡先へ連絡すると席が取れる。

・注意点

いいことづくめなのだが、使ってみてわかった不便さもあり。

外国の航空会社なので、HPの作りが違ったり英語が突然出てきたりで戸惑う。

最初の登録がなかなかできずに苦戦した。

それでも英語がほぼできない私でも大丈夫だった。

コールセンターは日本語対応だし。ANAに連絡するときは国際線。

予約は3週間切っていると手数料が75ドルかかる。

便の変更をするのにも手数料が75ドルまたは100ドルかかる。

コールセンターで予約するのも手数料が25ドルかかる。

空港でのチェックインは有人カウンター。

このあたりが注意点でしょうか。

計画をもった旅行で3週間以上前からしっかりと予約できるならいい。

しばらくユナイテッド航空のお世話になるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。