ブログ記事の書き方・作成手順マニュアル② 初心者が2年書いてきてわかってきたこと ★★★★★

多くの情報が飛び交ってる世の中なので、ピンポイントに、情報がわかりやすく簡潔に取れた方が良い。情報は使えないと意味が無い、情報を使って自分の生活にプラスにする事がとても大事。そういうブログを目指したい。

今後、どういう記事を書くか、記事の内容と構成を考え、記事作成をスムーズに進められるようにする。

同じようにブログ記事を書く人の参考になれば幸いです。

一緒にがんばろー!

そもそも何のためのブログなのか?

モチベーションの確認をします。

  • 自分の知識、考えを整理するため。調べたり、それを伝えることも勉強になる
  • 得することを他の人に伝えて、他の人にも得してもらう
  • 単純にブログが面白いアクセスアップで収入アップ

自分で情報を取りに行き、知る事はとても大事。その情報や知識を生活に活かし生活や人生を楽しくする。ただ、情報があふれているので、情報と知識を知恵にするためブログ記事で整理する。

ブログ記事により、他の人の生活や人生も楽しくなればれしい。誰かの役に立つ事は仕事をする上で根幹の部分。ブログを情報発信のツールとするならば、読んでもらった人の役に立つようにしたい。

記事の反応はアクセス数に現れるので、わかりやすいうえに、広告収入につながるのであれば面白いし、やりがいを感じる。

どんなことをやっていこう?

記事作成のポイントを確認。

記事作成の3ポイント

  • 誰に伝えるか? 
  • 何を伝えたいか、してもらいたいか? 
  • どうわかりやすくか?記事の書き方。

大原則はこの3つ

記事の書き方をもう少し深堀り!

 

記事の書き方

STEP.1
題材を探す
自分の経験を中心に、考えたり、調べたりして、行動を起こしたことを題材にする。
STEP.2
誰向けに書くか、キーワード設定
同じような境遇の人への参考になるようにする
STEP.3
記事の構成

導入文、なぜこの記事を書いたか

誰向けに書いているか

知識の確認、知識は細かく見ない、ポイントを絞る、そこからのメリットを中心に書く、後ろに補足文

詳細は他のサイトへ誘導

STEP.4
それをどう使うか
行動プロセスを書く、手順的なもの
STEP.5
まとめる
全体像を確認 

おまけ1
画像は対象物を伝えるには効果的。一方でイメージ画は不要と考える。画像が多いと記事が見づらいため。SEO的なものは考えない、読み手目線にする。色や形も使いすぎると見づらくなるので統一する。イメージを直感的に伝えるなら、パワポで資料を作り、貼り付ける。

おまけ2
他の人の記事などを見て学ぶ

やる事いっぱいあって楽しいね!

まとめ

  1. 記事を作る意味を確認する
  2. 自分の体験、考えをまとめる
  3. 読み手が行動してもらうようなわかりやすい構成にする。
  4. 記事を書く
  5. アクセス数などを確認して反応を楽しむ
  6. 収入アップで楽しむ!
  7. たまに記事内容を修正する

以前の記事も参考にする

ブログの記事の書き方・作成手順①

よし!がんばろー!